箱石峠からみる新緑の景色(高森町)

 5月21日、仙酔峡でミヤマキリシマを見て、阿蘇市一の宮から国道265号を通って高森町の箱石峠(はこいしとうげ)に出て、南阿蘇に向かいました。

 この道は、ツーリングやカメラマンに人気があるドライブルートで、特に新緑の季節は高岳、根子岳の山肌を新緑が覆い、くねくね曲がった道を、草原を走っている気分でドライブが楽しめます。

 箱石峠(標高880m)に立ち止まり周囲を眺めると、ギザギザ模様の根子岳や阿蘇で一番高い高岳が目の前に見え、目を北側に向けると草原(高原)でのんびりと過ごす放牧牛の姿、その向こうには、くじゅう連山が見えます。

 新緑包まれた阿蘇の山々や緑の草原を眺めていると、心地よく爽快な気分になってきます。
     
                                                          (R010521撮影)

 【 参考 】
  
   国道265号は、宮崎県小林市から熊本県阿蘇市に至る一般国道。





 緑の仙酔峡(白い雲は中岳の噴煙)                仙酔峡から阿蘇谷、外輪を望む
画像画像



 箱石峠から見る高岳                          根子岳  
画像画像





                                        緑の中を走る国道265号
画像画像



                                        くじゅう連山(一番左が涌蓋山?)        
画像画像




 放牧牛
画像画像


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック