ミヤマキリシマが咲く仙酔峡(阿蘇市)

 阿蘇中岳と高岳の北麓の渓谷にあるミヤマキリシマの群生地として有名な仙酔峡(せんすいきょう)。
 熊本地震により仙酔峡への進入路が寸断され、通行が規制されていましたが、今年の4月、仙酔峡駐車場
までの通行規制が解除され、地震後4年ぶりに5万株といわれる自生のミヤマキリシマを見物できるようになりました。
 
 5月21日、仙酔峡に出かけ、ミヤマキリシマが咲く周辺を散策してきました。
 
 ミヤマキリシマの花咲く時季は5月上旬から中旬頃で、最盛期を少し過ぎた頃でしたが、所々、株いっぱいにピンクの美しい花をつけたミヤマキリシマを観ることができました。

 標高約900メートルの仙酔峡からは、眼下に阿蘇谷、遠くに北外輪山が望め、爽やかな新緑の景色が広がっていました。
                            
                                                        (R010521 撮影) 



 花酔い橋
画像画像



 高岳の鷲ヶ峰をバックに満開のミヤマキリシマ 
画像画像



画像画像



 運休中の仙酔峡ロープウェー、白い雲は中岳の噴煙
画像画像



                                        登山の安全を祈るお地蔵様
画像画像



 仙酔峡にあった阿蘇観光ルートの案内板
画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック