高森町の桜の名所

 次は高森町の桜です。

 4月7日、高森町の桜の名所のうち、高森峠、休暇村南阿蘇、根子岳麓の鍋の平の桜を見てきました。

 良く知られている高森峠の桜は、通称、九十九曲千本桜とも呼ばれ、道路のカーブに沿って麓から頂上まで(標高差150m)の4kmにわたって桜を楽しむことができます。この日は桜まつり期間中で、ソメイヨシノが満開の様相で、大勢の花見客で賑わっていました。
 まだ、桜の種類によっては蕾の桜もあり、しばらくは花見が楽しめそうでした。

 休暇村南阿蘇は、広大な敷地にたくさんの大木の桜がきれいな花を咲かせていました。
 桜はソメイヨシノが多いですが、ここからは桜を背景に、根子岳等阿蘇のきれいな山なみが見られ、写真を撮るには良い場所です。また、休暇村の入り口には、数本の八重桜があり、連休前頃にはきれいな花を咲かせていましたが、今年はどうでしょうか?

 鍋の平キャンプ場は、根子岳麓に広がるキャンプ場で、大木の山桜が綺麗な花を咲かせます。
 県内では一番遅く咲く山桜で、訪ねたときは、まだ蕾でした。キャンプ場内では、河津桜がピンクの花を一杯咲かせていました。

                                                        ( H310407 撮影 )


 高森峠の桜・右の白い花はこぶし             人がいる小高い所が全体を見渡すには一番いい所
画像画像


 曲がりくねった道路沿いにある桜の全景
画像画像


 
画像画像



 休暇村南阿蘇の桜・前方の山は根子岳
画像画像



画像画像




 鍋の平の河津桜
画像画像



画像画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック