桜咲く頃の江津湖畔

 熊本の桜(ソメイヨシノ)の開花宣言は、今年は3月26日。平年より3日、昨年より9日遅れの開花でした。
 開花後、寒の戻りがあり、雨も少なかったので、桜の花の見頃が長く続きました。

 熊本城、人吉市大畑の桜の様子は既にブログに載せていますが、他にいくつかの桜の名所を訪ねましたので、そのときの写真を掲載します。
  
 まずは、江津湖畔の桜です。

 4月2日、夕暮れ近くなって健軍川が江津湖に流れ込む周辺から下江津湖の画図橋下流右岸(江津塘)まで、桜の花を見ながら遊歩道を散策してきました。遊歩道はジョギングをする人がたくさん見掛けられました。
 湖畔の桜は、ほとんどがソメイヨシノで、花びらもしっかりとついており、今が一番の見頃でした。 
                          
                                               ( H310402、16:30~17:30撮影 )




 上江津湖から金峰山を望む                      川岸では菜の花が満開

画像画像




健軍川河口、左岸の桜
画像画像



                                     
                                        国道57号東バイパス斉藤橋の下流左岸
画像画像



 画図橋下流左岸(江津塘) 
画像画像




 画図橋左岸(動植物園側)
画像画像




花をアップ、まだツボミも見られます
画像




この記事へのコメント

この記事へのトラックバック