我が家に咲いた初秋の花々

 今年は異常な夏の暑さで、残暑が9月中旬ころまで続き、やっと秋らしい気候になったと思ったら、 台風が2週連続して到来するなど異常気象が続いているようで、このところ抜けるような青空の日は少ないようです。 
 
 例年10月は、1年の中でも気持ちの良い快晴の日が多いとのことですが、今年はどうでしょうか?
 このところ外に出かけることが少なくなっていますが、青空の中、秋景色を撮りに行きたいと考えているところです。

 今回は、我が家で咲いた初秋の花々を掲載します。
 よく見かける花々でをマクロレンズで撮ってみました。
 マクロレンズで撮ると肉眼で見る花とは少し違って見えまが、どうでしょう ?

 ブーゲンビリアは、昨年買って鉢に植えたもので、一冬越え、酷暑の夏をなんなく乗り越え咲き続けています。

 野菜のニラ(韮)は、特有の味と匂いのするユリ科の多年草で、 細長い花茎の先に葱坊主をつけ、小さな白い花を咲かせます。

 フヨウ(芙蓉)は、アオイ科の落葉低木で、今、淡紅色の花がたくさん咲いています。
 
                                                (H3009中旬~10初旬 撮影)

 * 写真の上をクリックすれば、拡大した写真が見られます。



               ブーゲンビリア(オシロイバナ科)
画像



             ベゴニア(シュウカイドウ科)
画像




 バラ・品種 (レオナルド ダビンチ)                 バラ・品種 (イングリッドバーグマン)
画像画像



 野菜のニラ(韮)、(ユリ科)
画像画像



 ペチュニア(ナス科)
画像




 彼岸花(ヒガンバナ科)、これは美里町で撮ったものです。
画像




 フヨウ(芙蓉)(アオイ科)
画像画像








この記事へのトラックバック