天然クーラーの菊池渓谷

 7月27日、写真仲間の皆さんと熊本市から車で1時間半ほどの距離にある菊池渓谷に出かけました。

 2年前の熊本地震で山腹等が崩壊し、今年の3月に入谷が再開された菊池渓谷ですが、この日は、昨日の夕立の影響で、川面にうっすらと霧がかかり、水かさも少し増えていました。

 渓谷の入口に架かる朱色のつり橋を渡り、遊歩道を広河原まで行き、その後は対岸の道を戻るコースを、写真を撮り、時には休憩しながら9時から2時間半、たっぷり時間をかけ、森林浴をしながら渓谷の周りを散策してきました。

 渓谷では、黎明の滝、四十三万滝、広河原など自然が造った変化に富む大小さまざまな渓流が間近に見られ、遊歩道の脇には彼岸花に似た花「キツネノカミソリ」や道路脇の崖には「イワタバコ」が見られました。
 また、遊歩道の防護柵には苔がびっしり張り付き、路面は歩きやすいように木材チップが埋め込まれている箇所もありました。

 渓谷は、夏の朝はきれいな光芒が見られる場所としても良く知られ、朝早くから出かけてきておられる愛好家もたくさん見かけました。

 渓谷は涼しく、天然クーラーのようで、夏の避暑には恰好の所です。


                                                        ( H300727 撮影)

   【参考: キツネノカミソリ 】
 
    ① ヒガンバナ科ヒガンバナ属の多年草の球根植物。和名は「狐の剃刀」
    ② 花茎は30から50cm
    ③ 開花期 7~8月、 花色 黄赤色
    ④ 本州、四国、九州の林内に多い。
    ⑤ 名の由来は、細長い葉が剃刀にように見えることから



 渓谷入口のつり橋                           つり橋の上流
画像画像


 防護柵に張り付いた苔                         木材チップが敷かれた遊歩道 
画像画像



 キツネノカミソリ                             イワタバコ 
画像画像



  黎明の滝                                渓流                 
画像画像



 四十三万滝                                岩盤を流れる渓流 
画像画像



 広河原                                   広河原の橋の上流
画像画像

この記事へのトラックバック