満開の「山田の藤」(玉名市)

 玉名市の山田日吉神社の境内にある「山田の藤」が見頃との報道(4月14日付け熊日新聞)があり、4月18日に訪ねました。
 
 「山田の藤」は、推定樹齢は200年以上と言われ、幹回りは2.5メートル、幾筋も分かれた枝は東西12メートル、南北10メートルにもおよぶ見事な藤(品種はムラサキフジ)で、熊本県の天然記念物にも指定されている藤です。
.
 境内に入ると、藤棚から1メートルを超える淡い紫色の花房が垂れ下がり、辺り一面には藤特有の甘い芳香が漂っていました。

 境内には咲き誇った藤の花を見ようと大勢の人が押し寄せ、神社に参拝後、ベンチに腰掛け眺めたり、記念写真を撮ったりする姿が見かけられました。また、藤棚の下で楽しそうに弁当を広げている園児の姿も見かけられました。

                                                         (H300418 撮影)





 神社の鳥居                                神社
画像画像


画像画像


 大きな藤の幹
画像画像




画像画像>




画像画像


この記事へのトラックバック