阿蘇登山道(県道阿蘇吉田線)をドライブ

 熊本地震による土砂崩れなどで通行止めとなっていた県道111号(阿蘇吉田線)の南阿蘇側ルートが、10月4日、1年半ぶりに開通しました。

 これにより南阿蘇村から阿蘇中岳の山上まで登れるようになり、阿蘇市側から登る東側ルート(坊中線)と連結し、阿蘇観光の目玉の草千里や山上を通って、阿蘇市と南阿蘇村を行き来できるようになりました。

 10月10日、南阿蘇側ルートを通って登山道路(愛称・阿蘇パノラマライン)をドライブしてきました。

 お椀を逆さまにした米塚が見える県道298号(阿蘇公園下野線)の交差点付近まで行って、引き返してきましたが、中岳は白い噴煙を上げ、山上付近の原野ではススキが見頃で、風に白い穂が揺れていました。

 南阿蘇ルートの開通により、熊本から阿蘇の山上まで時間が短縮され、雄大な阿蘇の景色を眺めに出かける機会が増えそうで、楽しみです。

                                                          (H291010撮影)




 南郷谷側(上から眺める田園は靄でかすんでいた)      南郷谷側のトンネル前(山肌は削られ無残な姿)
画像画像


 ススキが美しい沿道                          前方に見えるのは五岳の一つ杵島岳
画像画像


 噴煙を上げる中岳
画像画像


 杵島岳                                   往生岳
画像画像

  
 美しい姿の米塚
画像画像

この記事へのトラックバック