紅葉の名所、大興善寺(佐賀県)

 佐賀県基山町の契山(ちぎりやま)の麓にある天台宗の大興善寺は、養老元年(717年)行基によって開設された由緒ある寺ですが、一方では春のツツジ、秋の紅葉の名所で、この時季には多くの見物客が訪れるお寺でもあります。

 11月23日、福岡に行った帰り道、立ち寄りました。
 午後4時を過ぎていましたが、この時期はライトアップもされるようで広大な駐車場にはまだ多くの車が駐車し、紅葉見物に県外からも大勢の人が出かけてきていました。

 紅葉は今が見ごろで、赤一色だけでなく、橙、黄など美しく色づいた紅葉が見られました。階段を上がった山門から見る境内の紅葉が良い雰囲気を醸し出していました。

 裏山に登ると散策道があり、古木のカエデも多くあり、境内とは違った紅葉の景色が見られますが、今回は、境内の紅葉を見て、お寺を後にしました。

                                                     ( H2811123  撮影 )

 本堂                                  境内
画像画像




画像画像



画像画像


 大興善寺の参道で見られた紅葉した柿               皇帝ダリア
画像画像


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック