紅葉がきれいな味取観音

 熊本市の植木インターチェンジの近くの国道3号から少し入った所にある曹洞宗瑞泉寺・味取観音(みとりかんのん)は、自由律の俳句を詠んだ種田山頭火が一年ほど堂守をした寺として知られたお寺です。

 本堂は小高い所にありますが、入口に種田山頭火の石像と「松はみな枝垂れて南無観世音」と詠んだ句碑が建てられています。

 この寺は、桜や紅葉の名所でもあります。

 11月24日、「山頭火・味取観音紅葉まつり」が行われ、紅葉まつりがあった後で、どうかなと思いながら立ち寄りました。

 紅葉したモミジの多くは落ち葉となって通り道に散っていましたが、所々に鮮やかに紅葉したモミジやイチョウが残っていました。数人の人たちが、私と同じように残った紅葉を撮りに来ておられました。

                                                        ( H261129 撮影 )
 
 山頭火の石像と句碑
画像画像


画像画像


 この階段を登った先が本堂です          落葉したモミジ
画像画像画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック