紅葉の名所・大興善寺(佐賀県)

 佐賀県基山町の契山(ちぎりやま)の麓にある天台宗の大興善寺は、養老元年(717年)行基によって開創されといわれる由緒ある寺ですが、一方で春のツツジ、秋の紅葉の名所として良く知られ、時季には多くの観光客が訪れ、賑わうお寺でもあります。

 11月24日、九州自動車道を利用して紅葉を見に出かけました。熊本からは鳥栖インターで降りましたが、お寺まで1時間半くらいで着きました。

 紅葉の時期は初めてでしたが、800台くらいは収容できそうな駐車場はほぼ満杯で、紅葉見物に訪れる人の多さにびっくりしました。 

 紅葉は、ちょうど見頃で、境内や本堂裏山に赤一色でなく、橙や黄色等それぞれ微妙に色づいたモミジが見られました。裏山に登るには少し体力が必要ですが、所々に展望所が設けられ休憩しながら紅葉を眺めることができます。1間半ほどかけて、紅葉で染まった山を散策してきました。

                                                        (H261124 撮影 )
  * 写真の上をクリックすれば拡大した写真が見られます。


大興善寺本堂
画像画像



画像画像


画像画像

                                              本堂へ行く近道の階段
画像画像画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック