晩秋の熊本城

 加藤清正が築城した熊本城は、別名「銀杏城」と呼ばれます。
 天守閣前にある大銀杏は、晩秋には黄金色に色づき天守閣との素晴らしい色合いを見せてくれます。

 11月22日、晩秋の城内を時間をかけて散策してきました。
 御幸橋の近くの櫨方門(はぜかたもん)から入って、城の東側を半周して,通常多くの方が出入りする頬当御門(ほほあてごもん)に出てきました。肥後六花園の所では、肥後山茶花も咲き、その前で肥後菊の展示がされていました。

 熊本城は、大木の楠が多く大きな影をつくっていますが、所々に銀杏、モミジ、桜その他落葉樹があり、これらの葉が赤、黄、橙等に変わり、秋の風情を醸し出しています。

 城内を歩いていると今まで気づかなかったいろいろな発見があり、改めて城の偉大さを確認することになりました。
  
                                                        ( H261122 撮影)




画像画像


画像画像



画像画像



画像画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック